News

 

✳︎Instagramアカウントを作成しました。宜しければぜひご登録ください。< ID:ceramikisato >


✳︎2018.11.23-25 

陶ism2018 横浜赤レンガ倉庫に出展させていただく事になりました。100人もの陶芸作家の参加するイベントです!





About

佐藤 美季 (さとう みき)

 

日本・アメリカの大学、益子の窯元にて陶芸を学び、2013年より千葉県の自宅工房にて器を中心に陶磁器の制作をしています。不定期ですが、展示会やクラフトフェアにて作品の発表をしていきたいと思っております。

 


現在、渋谷の陶芸教室にて講師・スタッフとして勤務。また、福祉センターにて身障者向け陶芸クラスのお手伝いもしています。

 

経歴

 

2005年 文化女子大学 造形学部 陶芸専攻 卒業

2008年 The New York State College of Ceramics @ Alfred University(米国NY州) 卒業

2008~2009年 Brick House Ceramic Art Center (NY)にてスタジオアシスタント

2009~2011年 益子焼窯元 横山陶芸(栃木県益子)勤務

2011年~ Ray Art School (東京渋谷)勤務/2013年~自宅工房にて陶器制作

 

最近の展示歴

 

グループ展

2017年1-2月「つくるひとxつかうひとxみるひと展」ギャラリー子の星(代官山)

2014年3月「うららか展」gallery re:tail (吉祥寺)

 

 

クラフトマーケット等

2016年5月 ヨコハマハンドメイドマルシェ2016 パシフィコ横浜

2015年12月 あーてぃすとまーけっと 横浜赤レンガ倉庫

2015年7月 陶ISM 夏の陶芸フェス 横浜赤レンガ倉庫

2015年 5月 Ozoneクラフトマーケット 新宿Ozoneリビングセンター 

2014年12月 あーてぃすとまーけっと 横浜赤レンガ倉庫

 

 

 

公募展

 

2014年 めし碗グランプリ展(波佐見) 入選

 

2009年 DINING IN: AN ARTFUL EXPERIENCE 入選 (18 Hands Gallery,Houston TX)

 

 

2009年 National Juried Ceramics Exhibition 入選 (Clay Space Ceramic Arts Studio,Warrenville IL)

 

2008年 第11回NY―東京姉妹都市交流陶芸コンテストby Ceramic Artist Friendship Association 入選 (Nippon Gallery, New York NY)

 

 

Miki Sato

 

I started ceramics when I was in Bunka Women's University in Tokyo. I also studied ceramics in Alfred University in NY for two years. Studying in Alfred University gave me a new perspective on my life, I recognized ceramics as my life long friend. After getting BA at Alfred, I had spent a wonderful year at Brickhouse Ceramic Art Center in Long Island city, NY. I realized that we can all share the joy of ceramics from young to old, from different cultures and backgrounds. There are no barriers.

 

After coming back to Japan, I chose to stay in Mashiko, which is one of the most famous pottery towns in Japan. Through my stay in the USA , I realized my lack of knowledge of Japanese pottery. I am glad that I could discover a wonderful spirit of Mingei (folk crafts), which is an important part of Japanese pottery culture. Currently I am working as a ceramics instructor and helping to run an art studio in Shibuya, Tokyo. I love to see people smiling when they play with clay and when see their finished work. This is what gives me my motivation.

 

I recently set up my own work space in my apartment, which gives me more time for my own project. I see ceramics as a language for communicating thoughts and feelings with people around the world. I believe ceramics can express something more than words. I hope to share the wonderful experience of ceramics with you.